雑なオタクによるのんびり雑記ブログ

ブログ初心者です。色々お勉強しながら自分がやっていけそうなジャンルをのんびりこの雑な雑記ブログで模索中。ゲームやアニメ、お買い物の紹介と雑なオタクの日常。

新生『God of War』神ゲーだったので紹介していくよ!

 

 今回紹介していくのは2018年4月20日にPS4で発売された

 

【God of War】

f:id:yoshiki283:20190605142931j:plain

画像は2018年4月20日に発売した最新作のGod of war

 

という据きゲームです。

 

 

 

新生ゴッド・オブ・ウォー

 

最初に10年以上前からあるタイトルを今になって何故?という疑問がありますが

今作はいわゆる新生God of Warと呼ばれており

今までのシリーズの爽快感MAXの超絶アクションで人気得ていたスタンスから少し変わりストーリーが重視されています。

 

今までウリにしていた爽快感が今作では半減₍それでもアクション要素はかなり強い方₎してしまったにも関わらず今作なんとThe Game Awards 2018』ではゲーム・オブ・ザ・イヤー、ベストゲームディレクションを受賞。とかなり評価が高いんです。

 

正直ネットを見ていた感想だとあまり話題になっていたイメージが無いんですよね・・・

 

どちらかというと日本のユーザーより海外ユーザーから熱い支持を受けている作品なのでプレイしてないにも関わらず前作までのイメージで批判していた声が

 

「名前は知ってるけどやったことない」

「Z指定だしグロいだけなんでしょ」

「ストーリーががそこまで面白くなさそう」

 

 という感じでちょこちょこ出てきました。

 

非常に悲しい・・・

 

正直このような偏見は僕も実際に抱いたことがある類なので言いたいこと分かるのですが

プレイした人間としてはゲームのクオリティが本当に色々と最高品質なのに勿体なさすぎるという事で今回紹介していきたいと思います!!

 

 

 

 

共に旅をする親子

 

まず最初にこの記事を見てもらうにあたって

「気になっていたけどシリーズをプレイしたことは無い」という人と

「前作はプレイしたことあるけど今作はまだプレイしていないから事前にちょっと調べてみようかな」

という2つのパターンが想像つくのでガッツリネタバレにならない範囲で人物の紹介をサラッとしていこうと思います。

 

 

主人公「クレイトス」

f:id:yoshiki283:20190608000333j:plain

クレイトスさん

彼は半神半人で父が最低最悪の全能神ゼウス。

前作までのストーリーはアレスに騙され妻子を自分で手にかけてしまいその怒りでアレスを殺したり父親であるゼウスを殺したり数々の神々をバッタバッタとなぎ倒していくお話

その過程でギリシャ人の間からはスパルタの亡霊と呼ばれ恐怖の象徴的な存在へ

その後、新天地₍今作の舞台₎のこの北欧に辿り着きこの地で出会った妻フェイとその息子アトレウスと一緒に暮らしていた。

今作は妻フェイが亡くなり遺言である「私の遺灰は9つの世界で一番高い山から撒いてほしい」という遺言から息子アトレウスの修行も兼ねて冒険する所から始まります。

ちなみに物語の後半で解禁される武器「ブレイズ・オブ・カオス」という鎖双剣は前作まで愛用していた物で

今作は妻フェイが愛用していた「リヴァイアサン」という斧が序盤から使える武器になっています。

 

 息子「アトレウス」

f:id:yoshiki283:20190608000407j:plain

アトレウス

クレイトスとフェイの間に産まれた息子。

今作初登場で元々狩りをする目的で使用していた弓がメインの武器になっています。

会話の節々で母親のフェイからある程度の常識や知識を教わっていた背景が見え、素養が無いクレイトスの手助けをする場面が多くありますが、

彼はいわゆる一般的な子供を模範している様で物語の展開に従い言動が唐突に変化したりとクレイトスを困らせるシーンも多くあります。

 

 

とりあえずはこの2人だけ知ってもらえれば十分です。

後は物語を進めていくにあたって必要な説明があるので事前に知っておく必要もないです。

 

 

分かりやすいゲーム仕様

 

ゲーム仕様に関してですが

まぁこれは皆さんが想像やすい一般的なアクションゲームと同じですね。

 

敵を倒したりミッションやストーリー進めて得るポイントでスキルを強化していくという感じです。

 

装備も防具によるセット効果や呪力孔というモンハンでいう装飾品のスロット枠みたいなものでステータスを上げることが出来ます。

言葉の違いにさえ慣れてしまえば凄く簡単な仕様になっています。

 

 

God of Warのおすすめポイント

 

グラフィック

まず初めにグラフィックですね

これは文字で表現するより実際に見てもらったほうが圧倒的に早いので何枚か貼っておきます。

 

f:id:yoshiki283:20190613000408j:plain

クレイトスがアトレウスに狩りを教えたシーン

f:id:yoshiki283:20190612235535j:plain

ヨルムンガンドとの初対峙シーン

 

 

f:id:yoshiki283:20190613000519j:plain

捕らえられているドラゴンを助けに行く前のイベントシーンのワンカット

 

 

こんな感じです。

綺麗すぎる・・・

 

パット見でも伝わってしまう超絶美麗グラフィック

尚且つオープンワールド仕様なのでロードによる画面の切り替えが無い為

違和感のひとかけらも無く大自然の風景や人物の動きをダイレクトに感じることができすのです。

 

また、イベントシーンも画面の切り替わりがないので

気付いたらイベントシーンになっていた⁉なんて事も沢山ありましたね~

 

今までのシリーズもその時代の最高画質を常に求めていたというのが伝わってくるのですが

今回はPS4という現時点の据え置きタイプの最強ハードを携え最強画質でやってきちゃったという風に感じました。 

 

 

アクション

武器

記事の冒頭でアクション要素が半減してしまったと表記したんですが

それでもやっぱりゴッドオブウォーシリーズ、アクション要素はかなり強いんです!

 

まず今作初登場である斧「リヴァイアサン」 

f:id:yoshiki283:20190610234111j:plain

 

何が面白いって

なんとこの斧投げれちゃうんです!

で、投げた後に△ボタンを押すと即座に手元に戻ってくるんです!!

しかも戻ってくる軌道上に敵が居るとちゃんとヒットするんです!

いやこれがほんとにもう楽しいんです・・・

 

ちょっとお試しで撮ってみたのですがこんな感じで手元に戻ってきます!

www.youtube.com

 

 

それとパッと見ちょっと青みがかかっていると思うんですが氷属性があります。

当てると敵が凍り付きそこに物理攻撃を加えるとそのままバラバラに粉砕出来たり

溜め攻撃で属性攻撃強化があるのでヒットと同時に周囲の敵の動きを冷気で鈍くさせたりなど攻撃の組み合わせ次第で非常に面白くなります!!

 

 

そしてもう一つの武器「ブレイズオブカオス

f:id:yoshiki283:20190610234733j:plain

前作までプレイしていた人はやっと来たなという感じだと思うんですがこれは前作までクレイトスが愛用していた炎属性の鎖双剣です。

物語の節々でチラチラと存在が見え隠れしてくるんですが実際に使用できるのが物語の後半からとなってます。

 

先ほどのリヴァイアサンが近距離高火力の武器だとしたら

こちらのブレイズオブカオスは中距離の範囲武器といった感じで

敵がうじゃうじゃ沸いて来る場面などではブンブン振り回しているだけで敵が勝手に死んでいきます。

雑魚に囲まれた時は本当に無双状態なので昔の三國無双シリーズの様な感覚が蘇ってしてきちゃったりしてかなり楽しいんですねぇ・・

 

ちなみにアトレウスの武器の弓はこんな感じ

www.youtube.com

www.youtube.com

 

物語を進めていくとこの電撃矢スタン矢の2種類が使えるようになります。

 

弓のクール回復に合わせてこっちが操作して攻撃を放つのですがこれが思っている以上に強い。

雑魚なら電撃で痺れさせるだけでサクサク。

ちょっと堅めの敵ならスタン矢に変えてスタン値がが溜まればあとはクレイトスの特殊コマンドでボコボコとイージー、ノーマルなら一気にヌルく出来るくらいには強いです。

₍スタン値というのは動画でアトレウスの弓がヒットした時と青い爆発の時に溜まっていく敵のHPの下にあるゲージ₎

 

 

ルーンアタック

各武器にはルーンアタックと呼ばれる弱・強の2種類の必殺技があり

武器にそれぞれ1つずつ、つまり各武器に2個ずつつけられる仕様になっており

これがまた色々あります!

 

詳細は動画を張っておくので目を通していただければと思います。

www.youtube.com

 

ルーン召喚

これはアトレウスの弓に特定のルーンを装備して発動するめちゃつよスキルです。

エグい程使えます。アトレウス本当に強すぎて後半育ってくると本当に重宝します。

これも何種類かあって動物をモチーフにしています。

狼だったりカラスだったりリスだったり一応アトレウスはずっと狩りをしていた事もあり森で見られる動物が主になっているはず₍?₎

 

₍実は動画用意しようとしたんですが探しても見当たらず種類が多いので自分で作ると時間がかかってしまうので参考資料がありませんすいません・・・₎

 

 

 

スパルタンレイジ

これは一言で説明するとスーパー無双タイムって所ですね。

体力ゲージの下に別のゲージがありそれが溜まると発動可能で

 

発動すると

 

超強力攻撃でゴリ押しラッシュ!

スーパーアーマーほぼ無敵!

体力も回復しちゃう!

 

と、とにかく強いです。

しかも発動時無敵と小規模の衝撃波があるので敵を怯ませてそのままタコ殴りしながら体力を回復するため強敵との体制の立て直しとしても使えます。

後半はこれに頼るシーンがかなり多いです・・・

 

これは動画はっつけて置くので是非見てみてください~

 

www.youtube.com

 

 

 

ストーリー

新生ゴッドオブウォーと呼ばれるが所以の最も熱い部分です!

 

今作は冒頭で言っていた様に今までのウリであったアクションよりも物語が重視されています。

 

これまでのゴッドオブウォーの作品は

クレイトスがとにかく復讐に明け暮れるというテーマの元に暴れ回ってきたのですが

 

今作は一気にガラッと変わります!

なんと今回の物語のテーマとなるのは家族愛。

 

今まで散々自分の都合で暴れ回ってきたクレイトスですが

今作では息子と共に妻を火葬する所からスタートします。

 

序盤の展開から察するにクレイトスはアトレウスやフェイとは家族だったものの一緒には暮らしてないように読み取れます。

結局自分は血塗られた過去を持つ為に家族と一緒に団らんというわけにはいかなかったのでしょう。

 

正直今までの「ゴッドオブウォー」からは想像もつかないテーマだったので僕もかなりの驚きと彼がどんな父親を演じていくだろうかという期待で胸がいっぱいでした。

 

実際に物語を進めているとクレイトスが自分の過去を負い目に感じながら

父親としての振る舞いが上手くできないシーンがかなりあります。

 

その度にそれは違うだろ・・とプレイしている僕が心の中で思ってしまう反面

復讐の為に戦いに明け暮れて沢山のモノを壊してきた自分が

今更父親として息子に何をしてあげればいいのか分からないという感情と

その資格も無いであろうというクレイトスの心境も分かってしまうのがまた見ていて込み上げてくるものがあります。。 

 

またクレイトスは自分の過去と自分が神であるという事をアトレウスには隠しています。

これは息子に神の血が流れている事を告げた場合それを受け入れられるかどうかという葛藤があり

自分の過去については自分の本当の姿を息子には知られたくなかったという非常に父親らしい感情からきていると解釈出来ました。

 

と、そんな雰囲気で序盤は物語が進んでいくのですが

共に冒険をしていくにつれ次第に親子の間に徐々に絆が生まれていきます。

 

クレイトスは父親として何を教えどう接していけばいいのか分からないながらもアトレウスの事を真剣に考え大切にしている様子が伺えますし

アトレウスはどうして父上は分かってくれないんだと言いつつもクレイトスの気持ちに一生懸命応えようとする姿を見せていきます。

 

アトレウスの性格が基本的な子供っぽい子供なので時々ウザいなぁと思うくらい言動が幼稚なシーンがあるのですがクレイトスは「息子」というよりかは「一人の男」として

キツく叱ったりするシーンも多々あります。

 

これプレイすると分かるのですがクレイトスは子供の諭し方が分からない不器用な父親なんだなぁと、またアトレウスも子供なので父親の言葉だから従わなくてはならないと思いつつも幼稚に反抗するシーンがあったりなど

ムービーの中の細かい言動や仕草で上手く表現しているのでそのシーンを目の当たりにしただけでお互いの心情が分かるくらい精巧に作られているな~と思いましたね・・ 

 

こんな感じでお互いにすれ違い葛藤しながらも徐々に絆が芽生え始め

やがて信頼しあえるまでの仲になっていきます。

 

最終的には少し歪ではあるけど自分たちの絆の形をお互いに感じ取り本当に信頼しあえる親子になっていくという展開にまとまっていきます。

 

バットエンドになるはずもないのでラストの纏まり方はなんとなく想像つくと思いますが

大切なのはその過程なんだと感じられる非常に良い物語です。

 

 

 

まとめ

 

この作品は最高品質のアクションRPGであり

一人の狂戦士だった最強の男が

我が子を愛する一人の父親になっていき

ただの幼い子供だったはずの少年が

一人の男へと成長していく不器用な親子の成長物語です。

 

 

本当に面白い作品になっているので

もしこの記事を読んで少しでも興味を持ってくれた方がいるなら是非プレイしていただければと思います!

 

 

 

今回の紹介記事はこれで終わりです。

初めて紹介記事っぽい物を書いたので色々と乱雑に見えるかもしれませんがここまでお付き合頂きありがとうございました!

 

 

それではまた次回の記事で~